MENU

 

ニキビができやすく悩んでいる方は、洗顔方法を見直すことで、ニキビができにくい肌に改善することができます。

 

ニキビは毛穴にたまった皮脂や汚れによっておこります。

 

毛穴のつまりが白ニキビとなって、皮膚の表面を凸凹した状態にするのです。

 

そして、この皮脂の塊が好きなのが、皮膚に存在するアクネ菌です。

 

アクネ菌は皮脂をもとに繁殖をしていきます。

 

アクネ菌は皮脂が好きなんです。

 

 

悪玉アクネ菌は、炎症を起こし膿を持つ赤ニキビに成長させてしまいます。

 

ニキビとアクネ菌

 

アクネ菌は、善玉アクネ菌と悪玉アクネ菌がいます。

 

善玉アクネ菌がいることで肌の健康を保ってくれます。

 

悪玉アクネ菌だけを殺菌することはできません。

 

両方存在することで、肌がきれいでいられるのです。

 

アクネ菌が適量で存在するためには、皮脂の量を多くしない環境を作ることが大切です。

 

そのために必要なことが、洗顔です。

 

洗顔で毛穴に詰まっている皮脂や汚れを落とします。

 

朝と夜の2回の洗顔で十分です。

 

ごしごし洗うのではなく、洗顔料を泡立てて優しく洗い、洗顔料が残らないようにぬるま湯でしっかりと洗い流すことで、ニキビ予防につながります。

 

乾燥から肌を守ってニキビ対策

 

洗顔では、皮脂や汚れを落とすため有効ですが、皮脂を落としすぎることがあります。

 

皮脂は、肌の表面にあり、皮膚の水分の蒸発を防ぐ役目があります。

 

皮脂が足らなくなると、水分がどんどん蒸発していき、肌が乾燥してしまいます。

 

乾燥した肌はカサカサになり、敏感肌に変化します。

 

体は乾燥から皮膚を守ろうとして、皮脂をたくさん分泌するようになります。

 

カサカサした肌では皮脂は毛穴に詰まりやすく、ニキビができやすい肌に変化していきます。

 

このことから、肌を乾燥から守ることで、ニキビ対策ができます。

 

洗顔で乾燥を防ぐ方法とは?

 

洗顔で乾燥を防ぐ方法があります。

 

洗顔時に熱いお湯を使わず、ぬるま湯にすることで皮脂が溶け出すのを防ぎます。

 

ごしごし洗うことは肌が荒れてしまい、皮脂もこすり落としてしまいます。

 

優しく洗うことが大切です。

 

洗顔料が残ることで肌荒れし、乾燥の原因になります。

 

肌が弱い方は、無添加の洗顔料を選ぶことも重要です。

 

汚れ落ちがいい洗顔料は、皮脂も一緒に落としてしまうので注意が必要です。

 

 

洗顔の後にはきちんと保湿を行うことで、乾燥から肌を守ります。

 

そしてニキビができにくい肌になります。

 

このページの先頭へ