MENU

 

ニキビ対策やニキビ予防には、肌を清潔に保つ為のしっかりとした洗顔と、肌の奥深くまで浸透する保湿成分が充実した、化粧水や美容液、クリーム等で十分な保湿を行う事が重要です。

 

ニキビに有効な成分として知られているのがグリチルリチン酸ジカリウムです。

 

いわゆる、有効成分と呼ばれるものですね。

 

シャンプーなどに良く用いられている成分ですが、こちらによく似た名前の成分にグリチルレチン酸ステアリルがあります。

 

こちらも市販の化粧品の中に含まれていることがある成分です。

 

皮膚炎、ニキビの炎症を抑える効果が期待できる

 

グリチルレチン酸ステアリルは、抗炎症作用や抗アレルギー作用に優れている成分です。

 

厚生労働省から化粧品へ使うことを許可されており、特に皮膚炎、ニキビの炎症を抑える効果が期待できます。

 

マメ科の植物の甘草から抽出されるグリチルレチン誘導体のことで、油溶性のストロイド様成分なのでオイルに溶けるという性質を持っており、皮脂腺に届き、ニキビの炎症を抑える効果があります。

 

このため抗炎症薬やグリチルリチン酸ジカリウムほどではありませんが、化粧品の成分として用いられているのです。

 

肌の炎症を抑えるという作用から、紫外線によるダメージの炎症にも効果があります。

 

天然由来の成分のため副作用の心配がほとんどなく、安心して使用することができるでしょう。

 

しかし、グリチルリチン酸ジカリウムに比べて抗炎症作用が強いため、目や鼻、口といった粘膜部にはできるだけ触れないようにするのがお勧めです。

 

またステロイド剤が苦手な方は使用を控えたほうが無難です。

このページの先頭へ