MENU

 

顔にできるニキビは人目につきやすいため、一日でも早く治したいですね。

 

ニキビの初期段階白ニキビから悪化してしまった赤ニキビは、顔を赤く見せてしまうので、さらに早く治したいものです。

 

ニキビを早く治すには、正しいケア方法を知ることが1番です。

 

赤ニキビ、さらに悪化した黄色ニキビの特徴とケア方法を勉強していきましょう。

 

赤ニキビ、黄色ニキビの特徴

 

ニキビは、まず白ニキビの段階からはじまります。

 

この段階は毛穴が汚れでふさがり、皮脂が閉じ込められている状態です。

 

この状態が長く続き、皮脂の中でアクネ菌と呼ばれる雑菌が繁殖すると、赤ニキビになります。

 

赤ニキビの赤色は、肌が炎症を起こしてあらわれます。

 

そのため、ニキビ周辺に腫れがあったり、痛みがあるのが特徴です。

 

黄色ニキビは赤ニキビがさらに重症化した状態です。

 

赤かったニキビが黄色く変化していきますが、これの正体は膿です。

 

閉じ込められた皮脂の下で膿がたまることで、ニキビが黄色っぽく見えてきます。

 

黄色ニキビは白ニキビと見間違う可能性があります。

 

白ニキビはつぶしても良いニキビとも言われています。

 

ですが間違って黄色ニキビをつぶさないためにも、ニキビは刺激しないようにするのがおすすめです。

 

赤ニキビ、黄色ニキビの治し方

ニキビの初期段階の白ニキビ、黒ニキビでは洗顔と保湿がケアの中心になります。

 

ですが、赤ニキビ、黄色ニキビにはアクネ菌という雑菌がいるため、これのケアが大切になってきます。

 

赤ニキビのケアは、肌の炎症をおさえることからはじめます。

 

炎症をおさえることで、痛みも軽減してきます。

 

抗酸化作用のある化粧水を使ったり、ビタミンCを意識して摂取していくことがおすすめです。

 

赤ニキビのある肌は、とてもデリケートになっています。

 

ですので、注意して顔を洗う必要があります。

 

スクラブ入りの洗顔料を使ったり、スポンジでこすり洗いをすると、肌に大きなダメージを与えることになるので控えましょう。

 

 

黄色ニキビのケアは、抗生物質の服用や外用薬が有効です。

 

それに加え、肌にいいビタミンCやビタミンE、食物繊維を摂取し、生活習慣を整えることも効果的です。

 

肌の新陳代謝を高めることで、ニキビを早く治すことを促せます。

 

 

あと、ニキビは体質改善と言いますか、体の中から綺麗にすることも大切だと思っています!

 

30代の半ば過ぎ、顎など顔の下半分に大きなニキビができるようになりました。

 

繰り返しできますし、目立つところにできるので、肌が汚く見えてしまいます。

 

どうしようかと思い、対策をとることにしたのです。

 

大人ニキビって?

 

肌のことは皮膚科に行くのが一番早いかなと思い、早速皮膚科を受診しました。

 

皮膚科では「大人ニキビですね」と言われました。

 

私は思春期にできるニキビしか知らなかったので、大人ニキビという存在を初めて知りました。

 

そして、病院の先生がおっしゃるには、大人ニキビはホルモンのバランスが崩れるとできやすくなるそうです。

 

睡眠不足だったり、疲れがたまっていたりしてもできてしまうのだとか。

 

そして、繰り返しできるのが特徴だともおっしゃっていました。

 

大人ニキビには何が効く?

 

 

皮膚科ではディフェリンゲルという塗り薬をいただきました。

 

これをニキビに塗ると、3〜4日ぐらいでニキビはきれいに治ります。

 

ですが、治ったかなと思うと、しばらくしてまたできるのです。

 

これが病院の先生が言っていたことだなと思いました。

 

何度も繰り返す大人ニキビをどうにかできないものかと考えました。

 

そこで、思いついたのが納豆です。

 

大人ニキビと女性ホルモンは関係があるということでしたので、だったら納豆がいいのではないかと思ったのです。

 

納豆の大豆イソフラボンには女性ホルモンと同じような働きがあるといいます。

 

そこで、納豆を毎日1パック食べるようにしたのです。

 

我が家は朝はご飯なので、なるべく朝に納豆を食べることにしました。

 

納豆は調理しなくていいので、手軽に食べることができます。

 

そうして、1カ月が過ぎると、大人ニキビができる間隔が大分あいてきました。

 

いい感じです。

 

肌もツヤツヤになってきました。大豆イソフラボンの効果でしょうか。

 

そして、この納豆生活を3カ月続けると、大人ニキビはできなくなりました。

 

大人ニキビはエステも効果ある?

 

わたしは、エステの料金を出すのがもったいなかったので、エステには行きませんでしたが、友達はエステでニキビがよくなったみたいです。

 

もちろん、納豆を食べるのをおすすめしていたので、そういうことも含めてやったのだとは思いますけど。

 

エステのいいところは、ニキビ跡にもアプローチできるってことだと思います。

 

ニキビのエステを選ぶならここをチェック!

 

いくら大人ニキビができなくなっても、跡はなかなか消えてくれなかったりしますからね。

 

特に、色素沈着になってしまうと、食生活や自宅のケアだけでは消すのはなかなか大変ですから。

 

お金に余裕があるなら、エステも選択肢としてはアリかなと思います。もちろん、エステに頼りっきりになるのではなく、自分でできることはやる姿勢が大切だと思いますけどね。

 

大人ニキビは体の内側からのケアも

 

大人ニキビは、肌の外側からケアすることも大切ですが、それだと対処療法になってしまい、繰り返してしまいます。

 

繰り返しできなくするには、やはり体の内側からのケアが大切になってくると思います。

 

時間はかかりましたが、納豆は大人ニキビによく効きました。

 

 

このページの先頭へ